第66回国際歯科研究学会日本部会
総会・学術大会運営事務局

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9
駒込TSビル402
(一財)口腔保健協会
コンベンション事業部内
TEL: 03-3947-8761
FAX: 03-3947-8873
E-mail: jadr66[あ]kokuhoken[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

第66回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会

会期:2018年11月17日(土)~11月18日(日) 会場:北海道大学クラーク会館 大会長:佐野英彦

プログラム

基調講演

「The roles of cellular senescence in aging and cancer」(老化とがんにおける細胞老化の役割)」

座 長: 佐野 英彦(北海道大学大学院歯学研究院口腔健康科学分野 歯科保存学教室)
講演者: 高橋 暁子(がん研究所)

特別講演Ⅰ

「Celebrating the Past : Launching the Future」

座 長: 未定
講演者: Prof. Rena D’Souza, President of IADR

特別講演Ⅱ

「演題未定」

座 長: 未定
講演者: Prof. Jin-Bom Kim, President of KADR
Chair and Professor, Department of Preventive and Community Dentistry,
School of Dentistry, Pusan National University

シンポジウムⅠ

「New Era of Oral Medicine」(口腔内科学の新時代)

座 長: 中村 誠司(九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野)
北川 善政(北海道大学大学院歯学研究院口腔医学部門 口腔病態学講座)
講演者:  
1) 「New insights into salivary gland diseases associated with systemic diseases」
(全身疾患に関連する唾液腺疾患の新しい理解)
中村 誠司(九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野)
2) 「The cutting edge of pemphigoid -close relationship between dentists and dermatologists reveals the pathogenesis and a novel diagnostic method-」
(類天疱瘡の最前線~口腔診断内科と皮膚科の相互連携により見えてきた類天疱瘡の病態と新しい診断法~)
北川 善政(北海道大学大学院歯学研究院口腔医学部門 口腔病態学講座)
3) 「Burning mouth syndrome: Is it a neuropathic condition?」
(口腔灼熱症候群は神経障害性疼痛か?)
今村 佳樹(日本大学歯学部口腔診断学講座)
4) 「Therapeutic Regenerative Medicine」
(内科治療学的な再生医療)
日比 英晴(名古屋大学大学院医学系研究科総合医学専攻頭頸部感覚器外科学講座)

シンポジウムⅡ

「Current Topics of Prosthodontic Treatment using Partial Dentures」(パーシャルデンチャーの最新のトピックス)

座 長: 横山 敦郎(北海道大学大学院歯学研究院 口腔医学部門 口腔機能学講座)
講演者:  
1) 「New design concept and material selection in removable partial prosthodontics」
(部分床義歯補綴学の新しい設計と材料選択)
若林 則幸(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科部分床義歯補綴学)
2) 「Prognosis and Efficacy of Partial Denture Treatment」
横山 敦郎(北海道大学大学院歯学研究院口腔医学部門口腔機能学講座)
3) 「Removable partial dentures supported by dental implants.」
(パーシャルデンチャーへのインプラントの応用)
古谷野 潔(九州大学歯学部歯科補綴学第二講座)

シンポジウムⅢ

「Frontiers of adhesive dentistry: new discoveries promise a bright future」
(接着歯学研究のフロンティア -新しい発見と目指すべき未来)

座 長: 林 美加子(大阪大学歯学部歯科保存学講座)
講演者:  
1) 「Creating the “Super Tooth” by the adhesive technology」
(接着技術による “Super Tooth” の創出)
田上 順次(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科う蝕制御学分野)
2) 「Incoming bond strength evaluation - Change from quantitative examination to qualitative investigation -」
(これからの接着強さ評価 -量的検証から質的検討への変化)
奈良 陽一郎(日本歯科大学生命歯学部接着歯科学講座)
3) 「Adhesion to new CAD/CAM composite resin blocks」
(新しいCAD/CAMコンポジットレジンブロックに対する接着)
疋田 一洋(北海道医療大学医療科学センター)

シンポジウムⅣ

「Advances in Clinical Dentistry Resulting from Basic Science Discoveries -Lessons from Dental Materials Research」

座 長: 今里 聡(大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能再建学講座(歯科理工学教室))
講演者:  
1) 「Dental Composites - A True Disruptive Change in Dentistry」
Prof. Jack L. Ferracane
(Department of Restorative Dentistry Oregon Health & Science University,
Oregon Health and Science University)
2) 「Can we trust the success of adhesive restorations to the bondedinterface?」
Prof. Ricardo M. Carvalho
(Department of Oral Biological and Medical Sciences Faculty of Dentistry
University of British Columbia)
3) 「Durability of Adhesive Bond and Clinical Success of Composite Restorations」
Prof. Masashi Miyazaki
(Department of Operative Dentistry Nihon University School of Dentistry)

このページのトップへ戻る